​​後遺障害を争いたい方へ

後遺障害が残存した場合、後遺障害診断書、画像、経過診断書等の必要書類を揃えた上で、後遺障害等級認定手続を申請する必要があります。
後遺障害等級の審査にあたって特に重視されるのは、後遺障害診断書の記載、画像所見の存在、神経学的所見の存在です。これらの書類は、全て主治医に記載して貰う必要があります。
その他、各傷病ごとに注意すべきポイントは変わってきますので詳しくは各記事をご覧ください。

提携医によるアドバイス
オールニーズでは、提携医のアドバイスのもと、主治医に訂正や加筆をお願いすることがありますが、その場合でも、主治医と被害者の方との相性や関係性が、記載に大きく影響します。ネクスパートでは、後遺障害等級の申請に際して、主治医の先生とお話することで、少しでも等級認定の可能性が高まるよう、サポートします。

オールニーズ法律事務所-94.jpg